忍者ブログ

甘味処バニラ味

5鯖ラグズにて夫婦で活動中。

零式サフォイエと零式ラメギドの使用感

こんにちは、ehitoです。

毎日地味にクラフトを続けていますが、終わりが見えません。
先日ユニットの拡張op付けが終了したので、今後貯まるお金はまたクラフトの方に注いでいこうかと。
まぁ、ゆっくりやっていきますよ。

現在クラフトの看板はユニット各部Lv9を立てています。
ぼちぼち依頼も入るのでありがたいですね。
1時間以内にキャンセルされてしまう方もいますが、毎日ログインしているので少しお待ちいただければすべて対応します。
お急ぎの方はアークスカードでログインを確認ください。
クエスト中の場合は帰還後に対応しますので、お急ぎの場合はwisくださいませ。

お昼寝中の場合はごめんなさい、起き次第対応します。


さて、記事にするのがかなり遅くなったのですが、新しい零式のテクニックカスタマイズをしたので使用感をざっくりと。

零式サ・フォイエ
ゾンディールからのギ・フォイエがメイン火力だったフォースの新たな火力となりました。
(元来のサフォイエは使用したことがありません)



急速に距離を詰め、幅広い範囲攻撃を行います。
ゾンディを使わなくても周囲を巻き込める十分な炎が発生します。

零式のテクカスでは消費PPの項目があるので厳選に時間とお金はかかりますが、消費PPを控えめにカスタマイズできればかなり使い勝手が良いです。
今までゾンディール(消費PP26)+ギフォイエ(消費PP23)だったので、零式サフォイエでは一本化できるうえに消費PP20以下。
いいですね!

ソロではゾンディを連発するほどエネミーが湧きませんし、+ギフォイエを打つとなるとPP効率はかなり悪かったです。
12人マルチではゾンディを打てば周りが殲滅してくれるので、次のテクニックにつながりません。

もちろんギフォイエがもう使えないテクニックになってしまったわけではなく、住み分けのひとつが増えた感じでしょうか。


一番の魅力は誘導性の高さ。
飛行タイプのエネミーにも吸い込まれるように攻撃を行うことができます。
ヴァーダーソーマの頭にだって届きます。

地味なところだと、龍祭壇の龍磁晶破壊にも便利です。
一気に近づいて一発でパリーンパリーン。
ぷちぷちを潰しているような感覚で楽しいです。

PPに余裕がある時はイルゾン移動の代用で使うのもいいですね。
スイッチはきちんと当たれば零式サフォイエ2回でokです。


デメリットは足元の軟弱性。
エネミーがいない時にロックオンなしで前方移動しようとすると、小さな足元の段差や登り坂に簡単に引っかかってしまいます。

面倒ですが肩越しに切り替えてからか、ジャンプしてからのサフォ移動で解決です。


零式ラ・メギド
殴りテクターの常時発動テクニックとなりました。
(フォースでは元来のラ・メギドを引き続き使用しています)



フォバースだ!
自分の周りを球体がぐるぐるしちゃうテクニック。
チャージで5つの球体が20秒維持される。

他のテクニックと共存できるので、余裕があったら打っておくべし。
ポイズン優先の人と近接やらないよって人は零式以外のカスタムの方が良いと思います。

厳選が割と大変だけれど、殴りテクターなら消費PPが多少多くても問題ないので威力重視で。



実装直後にいろいろ調べた時には「零式サフォイエ使えない!零式ラメギド使える!」といった感想が多かった気がするのですが、個人的にはどちらも優秀です。
ただし、自分の戦闘スタイルに合っていることが条件。

私はエネミーの中心に突っ込んでいくタイプのフォースなので、零式サフォイエは特に好物ですね。
実際に使ってみると新しい戦闘スタイルを組み立てられることもあるので、気になっている人はテクカスしてみてください、としか。
何事も経験が大事です。

パレットの空きの問題もあるし、エネミーの処理の仕方は各自違うし、他人の使用感はしょせん参考程度です。
鵜呑みにしちゃいけませんよ~!
でも零式サフォイエも零式ラメギドも面白いカスタマイズなので、試してみる価値はあると思います。

PR