忍者ブログ

甘味処バニラ味

5鯖ラグズにて夫婦で活動中。

【おすすめ】HP盛りPP盛りの特化クラフト防具を作ってみよう

こんばんは、クラフト貧乏のehitoです。

勉強する順番間違えてないか?と思う気もしますが、やる気が出た順番に記事にしていきます。今回は特化クラフトについて。

知らない言葉は目が滑る私なので、調べる度に「なんじゃぁこりゃあ!!」となっていましたので、皆様向けの記事はとりあえず簡潔にいきます。
過程やレシピはできるだけすっ飛ばしますよ。


レシピは解放済み、もしくは足りない部分は依頼で済ますという前提で、ひとつの防具をクラフトするのに必要な材料と金額をまとめました。

特化Ex8で締めるなら青色の合計が必要数値、
特化Ex10で締めるなら桃色の合計が必要数値となります。
(Ex10まで連続で上げる際は特化Ex8は不要なので青色は無視してください。)
必要クラフト素材一覧 
(クリックすると大きい画像で見れます)

リアはアイロリアス、スティリアス、シルバリアス、ゴードリアス。
アームはアイロアムス、スティアムス、シルバアムス、ゴードアムス。
レッグはアイロレグス、スティレグス、シルバレグス、ゴードレグス。

打撃防御(HP特化)はPAフラグメント(打撃)。
射撃防御(PP特化)はPAフラグメント(射撃)。
法撃防御(属性特化)はPAフラグメント(法撃)。

はい、ここまでユニットに必要な素材です。
クラフト依頼を出す場合には手数料が+5%かかりますのでご注意ください。
自力でレシピ開放するよりは断然安いですよ。
(素材購入費用は含まれていません)

表はあくまでも一部位にかかる素材です。
リア・アーム・レッグの三つをクラフトするなら3倍必要です。
注意してくださいね。


「きゅきゅっ?」

「3倍速くはならないし、そもそも赤くもないし、ましてや一部隊全員が速くもならないからね?」


特化Ex8と特化Ex10の差ですが、数字的には大きくはありません。多分。
特化Ex8で止めるとシルバ系の素材が不要になります。

【HP特化Ex8】装備条件(打撃防御)482、打撃防御231(323)、射撃防御211(295)、法撃防御211(295)、HP+100、打撃耐性+4%
【HP特化Ex10】装備条件(打撃防御)500、打撃防御240(336)、射撃防御220(308)、法撃防御220(308)、HP+100、打撃耐性+4%
(PAフラグメントに合わせて必要防御種が変更、各種防御値も入れ替わります)
()数値は+10強化時。



金額としては素材費用とクラフト費用で1Mちょっと変わるくらい。
それなりに長く使う装備を作る予定なら、ここで頑張って一気にEx10までクラフトしてしまっても良いと思います。


クラフトをする前に大事な事がひとつ!
上に書いた通り、装備条件の数値が跳ね上がります。
レベルカンスト状態なら装備できると思いますが、もし低レベルのクラスにチェンジする機会があるという方は要注意。

クラフトをする際に「装備条件緩和+30%」を使いましょう。
+30%は取引できないアイテムなので、マイショップで取り扱っている+20%か+10%でも良いでしょう。

+20%はリサイクルショップで対象のACスクラッチアイテム8個と交換。
+30%はチャレンジマイルで入手可能です。

必要な装備条件を確認して、30%である必要がないのならメセタで購入してしまうのが早いでしょう。




最初から特化クラフトという単語を連発していますが、特化とは何なのか。
普通のエクステンドと何が違うのか。

簡単に言うとレシピ(材料)が違います。
通常レシピではEx8とEx10はシルバを使いますが、特化レシピではゴードを主な材料として使う事になります。
これが高い。

そしてネオジットはプロメチットに。
さらにエクスキューブを投入。

お金も一回りどどんとかかります。


そもそも特化レシピは通常レシピと別に解放する必要があります。
お金がかかってます!!



ご覧の通り、通常レシピと特化レシピはExLvが重複します。
ユニットのクラフトは武器と同じでExLvは1から順番に上げていく必要があります。
途中のレベルを飛ばしてLv10に!という事はできません。

最終的にExLv10にするのであれば、重複する途中のEx3とEx8は通常レシピでクラフトしていいです。
ExLv9まで上げたら、最後に特化レシピのExLv10でクラフトしましょう。


ユニットのクラフトはレシピ別に下記数値が足されます。
クラフトする度に追加される数値ではなく、そのユニット最後のクラフトに使ったレシピの数値がつきます。


特化クラフトとは、ユニット最後のクラフトを【HP】【PP】【属性】の3レシピいずれかで締めるクラフト方法です。
ExLvに比例して防御ステータス値が上がり、そしていずれのExLvでも等しく上の表の数値が加算されます。

よく言われる「打打射クラフト」なんかは、例えば…
リアに打撃HP特化、アームに打撃HP特化、レッグに射撃PP特化
といった3ユニットの特化形態を表しています。


ユニットのクラフトと言えば特化にするのが当たり前というほど、特化の恩恵は大きいです。
材料費は高くつきますが、少し頑張ってみましょう。

それではどの特化がオススメなのか。

圧倒的火力でねじ伏せるPP盛り?
死なない事こそが本当の火力だHP盛り?
死ねなくしたらいいじゃない属性盛り?


「きゅきゅっ?」

「自分の戦闘スタイルに合わせて特化の種類を選ぶのが一番だよ。これは自分で考えてみよう!」


そして最後に大事な事をもうひとつ、書き忘れていました。
先に言った通りExLv1から順番に上げていきますが、この時に使うレシピは打撃・射撃・法撃レシピはどれを選んでも変わりません。
途中のレシピは上書きされていくからです。

打Ex1→射撃Ex2→打Ex3→法Ex4等、バラバラでも大丈夫。
基本的にはPAフラグメントの安い打撃か射撃となるのではないでしょうか。
私は打撃でレシピを解放しています。

HP特化レシピを最後に使いたいからと言って、最初から最後まで打撃である必要はないのです。


最後の締めの特化レシピだけは材料も費用も高いので間違えないように。
一回の間違いも懐に大ダメージですからね!

装備条件緩和アイテムも忘れていませんか?
素材もメセタも十分ですか?

それではあなたも特化防具の世界へ、ようこそ。



以下、コメント返信になります。

※1さん。
1枚目の画像では特化EX3と特化EX8をスルー?しているように受け取れるのですけど、特化EX3と特化EX8は無視しても特化EX10にできるのでしょうか? 
以前どこかで聞いた話だと、特化EX10にするのに、特化EX3や8を無視してはいけないと言われたのですけど・・・。 

クラフトはEx1から順番に上げていくという事と、道中のレシピは上書きされてしまうという事がポイントになります。
途中で特化レシピを挟んでも、結局は通常レシピで上書きしてしまうので素材とお金だけが無駄になってしまいます。
ですので特化レシピではなく通常レシピを経由してEx9まで上げてから、最後に特化Ex10のレシピを使えばエクスキューブやゴードの材料費が最小で収まります。
ただしこれは依頼に出す場合か、既にレシピが解放されている場合です。

一枚目のエクセル表の画像は「レシピ開放済み」が前提となっているので、レシピ開放に必要な素材や金額は省いてあります。
もし自分でレシピを解放しながら特化クラフトをしたいという場合は、Ex3【HP】を作る事でEx8【HP】レシピが解放、Ex8【HP】を作る事でEx10【HP】レシピが解放、という手間と出費が必要になります。
特化Ex3と特化Ex8を無視してはいけない理由はレシピ開放の為だと思います。
PR